Contract Research Organization 株式会社メディサイエンスプラニング

MPIの特長

ハイレベルな国際化対応力と、ワンストップのサービス。

ハイレベルな国際化対応力と、ワンストップのサービス。

私たちMPIが創業したのは1982年。以来30年を越える歴史あるCROとして、薬事コンサルティングから、モニタリング、DM統計解析、市販後調査関連業務にいたるまで、お客様にワンストップサービスを提供し続けています。

主要業務であるモニタリングでは、グローバルスタディなど英語環境下での案件が全体の約7割。そのため、CRAの英語対応や海外とのコミュニケーションをサポートするICCS室を特別に設置しています。また2007年からは、海外研修制度「Global Eye」を実施。ますます国際化へ向かう治験の現状に、いちはやく対応しています。

2014年には、赤坂インターシティへ本社機能を移転。新たな環境での業務をスタートするとともに、グループ企業とのさらなる連携で、より充実したサービスの提供を目指しています。

インターナショナル・コミュニケーション アンド
クリニカルシステム室(ICCS室)

ICCS室

国際化が進む治験の世界では、英語によるコミュニケーション能力の必要性が日増しに増加しています。グローバルスタディを数多く受託しているMPIでは、その状況に高いレベルで対応すべく、社内にICCS室を設置しています。

モニタリング報告書やメール文書などの英訳サポートをはじめ、国際電話会議やグローバルスタディ入札会における通訳として、高度な英語力を必要とするさまざまな場面でICCS室のメンバーが活躍しています。

メンバーたちは、英語はもちろん臨床システムにも精通。さらに、英文添削などで社内の英語力アップにも貢献しています。単なる通訳ではなく、CRAによりそうパートナーとして。MPI独自のICCS室は、これからの治験に欠かせない存在です。

海外研修制度「Global Eye」

海外研修制度「Global Eye」

シンガポールや韓国など、主にアジア各国で例年実施するこの海外研修では、「グローバルCROの現地支社とのモニタリング事情等に関する情報交換」と「治験受託経験が豊富な大規模病院の視察」をメインテーマとし、すべて英語でディスカッションを行います。

参加者については、内勤部門や関連会社を含め幅広く募集。外資系製薬会社での業務経験が豊富な団長の指導のもと、全員が日本との違いや今後の業務推進のためのヒントなど、多くの新しい知見を得ています。