Contract Research Organization 株式会社メディサイエンスプラニング

M3 Group
MENU

社員を知る

MPIを知ったきっかけは?

 大学のひとつ上の先輩が、MPIに入社されていたことがきっかけです。とても仲良くさせてもらっていた先輩でしたので、自然と会社の話を聞くようになりました。仕事内容にも興味が持てましたし、社員が皆さん明るく気さくな方ばかりだということを伺っていましたので、自分に合っていそうだなと感じました。就職活動の際、面談でお会いした皆さんが想像通りの明るくて優しい方々でしたので、「これは間違いない!」と思い入社を決めました。

現在の仕事内容は?

 臨床開発部のモニターとして、フェーズIII試験のモニタリングをしています。現在担当しているのは中枢神経系薬剤のプロジェクトで、治験を実施する医療機関の選定から実施の依頼、契約手続きなど、立ち上げから携わっています。ちょうど症例エントリーが開始されたところですので、「目標例数に到達できるよう頑張っていかないと!」と意気込んでいます。

苦労する点や、
やりがいを感じる点は?

 入社後すぐに感じたことは「意外と仕事量が多い!」でした(笑)。タイトなスケジュールの中で多くの書類を正確に作成しないといけないですし、細かいトラブルも起きます。でもクライアントやドクター、施設スタッフの方々とうまくコミュニケーションをとりながら、ひとつずつ問題を解決していくと、「自分が動くことで治験が次のステップに進むんだ!」という実感がわいてきます。だからひとつのプロジェクトが終了したときには、凄く達成感を感じることができます。

気をつけていることは?

 一度失敗したことを繰り返さないこと。まだまだ判断に迷う場面や、うっかりミスなどがありますが、その日のうちに反省して原因を見極めるよう心がけています。

MPIの自慢できるところは?

 「For the Team」の精神が社内に浸透しているので、チーム一丸となって仕事に取り組めるところです。学生時代はバスケットボール部に所属していたこともあり、チームプレイが性に合っていると思います。あとは、当社がフレックスタイム制であることも結構助かっています。今は福岡や広島など遠方の施設も担当しており、夜明け前に家を出ることもよくあります。その前日は早めに帰宅したりと、時間を上手く使うようにしています。

臨床開発部:Y.T

[Profile]
薬科大学薬学部の生命創薬学科で学び、2011年MPIに新卒入社。モニターとしてフェーズI試験とBE試験(生物学的同等性試験)に携わる。2014年に臨床開発部へ異動後、現在はフェーズIII試験を担当中。


疲れを癒すリフレッシュ法は?

 休日にショッピングに出かけたり、録りだめしたドラマを見たり、会社のフットサル部の活動に参加したりしています。試合に出るときは女性なのでハンデをつけてもらいます。飲み会限定参加のメンバーもたくさんいます(笑)。最近はホットヨガに通い始めました。社会人になってから運動する機会が減ったので、なるべく体を動かそうと心がけています。

将来の夢や目標は?

 当面の目標はいま担当しているプロジェクトを成功させることです。そのあとはモニターとしてのスキルを向上させながら、自分の能力が活かせる環境で次のキャリアアップにつなげていきたいです。

就活生にエールやメッセージを

 モニターに求められる知識はさまざまで、薬剤に関する専門知識はもちろん、協調性やコミュニケーション能力も欠かせません。責任も重大でたいへんな仕事ですが、その分やりがいは大きい仕事です。最初は不安を感じることもあるかもしれませんが、経験豊富な先輩方がサポートしてくれる温かな環境ですので、安心して飛び込んできてください。もちろん私も喜んでサポートします!

タイムスケジュール

  • 10:00

    前日は福岡出張で深夜帰宅となったため、少し遅めに出社
    メールチェックを済ませたあとは、会議に参加するなどして午前中を過ごす

  • 12:30

    お店の混雑を避けるため、少し時間をずらしてランチ

  • 13:30

    書類作成
    施設からの問い合わせに対応
    福岡出張のモニタリング報告書を作成

  • 20:00

    退社

  • 臨床開発部
    Y.T

  • 臨床開発部
    S.Y

  • 臨床開発部
    F.K

  • 臨床開発部
    M.Y

  • ファーマコヴィジランス部
    T.Y

  • データサイエンス部
    H.T