Contract Research Organization 株式会社メディサイエンスプラニング

M3 Group
MENU

医薬品開発のSpecialistへの道

仲間とともに成長をめざす、
医薬品開発のスペシャリストに。

経験を重ねた今でも学ぶこと

【吉田】
 皆さん部門長職以上ですが、今でも学ぶべきことはたくさんありますか? 部門長職までくれば通常の仕事はこなせるようになると思いますが、何かありますか?

【高橋】
 モニタリングの方法は日々どんどん変化するので、そういったことは常に吸収していく必要があると思います。これはこの仕事をしていく上ではずっと変わらないことだと思います。そういったことが嫌でなければ、やっていけると思います。

 

吉田
 私もそう思います。一生勉強する仕事なんだと。だから好きでないとやれない、嫌いでは絶対にやっていけない仕事だと思います。好きになるしかない、興味を持つしかない仕事ですね。

 

【高橋】
 学生さんも、これまで受験などを通して勉強する姿勢や素地は出来ているはずですので、≪そのときと同じような気持ちで仕事を捉えられるようであれば≫大丈夫だと思います。


一緒に働く仲間として最適な人物像

【吉田】
 これまでの話をまとめると、私たちが一緒に働きたいと思っている人は「素直さ」「柔軟性」がある人などが出ましたが、仲間として捉えるときにどのような特徴のある人に来てほしいですか?

【高橋】
 私たちは患者さんと直接面会することはありませんが、私たちの仕事の先には常に患者さんがいらっしゃいます。患者さんのためにプロトコルを守らないといけないのですが、反対に患者さんにとってプロトコルが障壁になることもあります。そういったとき、独りよがりにプロトコルで定められているからといって患者さんに≪負担等を≫押し付けるような仕事をするのではなく、周りの色々な人と相談してより最適な方法を取る必要がある、という意識を忘れないでほしいと考えています。

【吉田】
 なかなかパターン化して収まるような仕事ではないということですね。常に変化がある仕事なので、柔軟性を持ってその時々で自分で≪より最適な方法を≫考える。既成概念にとらわれないで素直に《様々なことを》受け入れ自分の考えに活かす。このようなことのできる人材が望ましいと思われますね。

 

【尾澤】
ひとつ付け加えるのであれば「空気の読める人」ですね。なかなか《経験が浅いうちは》難しいかもしれませんが、空気を読めるようになれば仕事上での大きなミスを未然に防ぐことができるかもしれません。

 

【吉田】
 確かに人と人との仕事ですから、そこは重要ですね。

 

【坂上】
 大きなミスに関連する特徴で言えば「倫理観」ですね。周りから言われたことを≪倫理観を持って≫理解をしていくことが、この仕事には重要だと思います。どんなに仕事ができても、倫理観がしっかりしていないと大事故に繋がりかねないですし。

 

【吉田】
 人の命にかかわる仕事ですので、当然重要ですね。

 

【貝通丸】
 コミュニケーションが好きな人というのはCRAの重要な適性のひとつだと思いますが、一方的に話をするのではなく、相手との空気を読んで会話ができる人がいいですね。

 

【高橋】
 相手のニーズを引き出すのが私たちの仕事ですしね。飲み屋の会話とは違います(笑)。

 

【貝通丸】
 接客のアルバイト等をしている人は色々なタイプの人と話す機会があると思いますので、向いているかもしれませんね。

 

【吉田】
 酔っ払ったいろんなパターンのお客さんとコミュニケーションをしっかりこなせる人とかが向いているのかもしれませんね(笑)。ちなみにそういったコミュニケーション能力というのは、会社に入ってから身につくようなものでしょうか?

 

【尾澤】
 はい、身につくと思います。

 

【高橋】
 私もコミュニケーションが得意かといわれればそうでもないのですが、それでも仕事はこなせているので、身につくのではないかと思います。

 

【貝通丸】
 私も仕事以外では口数が多くないのですが、若い時には飲み会に参加したり、飲み屋の店員さんと話をしたり、趣味と実益を兼ねてコミュニケーションをとる練習をしていました。《私の経験上、意外と効果があると思うので》おとなしい後輩や部下に薦めることもあります。空気の読み方を練習できることもありますしね(笑)。

 

【吉田】
 コミュニケーション能力は、必ずしも自分で高いと認識するものでもないのかもしれませんね。あくまでも相手方のものさしではかるものだと思っています。

 

【尾澤】
 《コミュニケーション能力が高い、低いに関わらず》意識をしていくことが大事だと思います。

 

【吉田】
 私も学生の時はコミュニケーション能力が問われない仕事を希望していましたが結果として現在の職種に就いていますので、仕事で必要なスキルとして習得したという意識があります。人前に出ると赤面した時期もありました。20年以上もやれば変わるものですよ(笑)。ですから仕事の中で意識すれば身につけることは可能だと思います。

 


「人財」をテーマとした今後の抱負

【吉田】
 それでは、最後に1人ずつ今後の抱負をいただきたいと思います。テーマは「人財」ということでお願いします。

【尾澤】
 リーダーが、常に湧くように生まれてくるような会社が健全だと考えているので、自ら成長しようとする意識を社員に日々促していきたいと思います。

【高橋】
 前にいた会社では時代的背景の影響から採用がない年も多くあり、会社としての裾野が縮まり健全でないという状況でした。それに対しMPIは毎年たくさんの新卒が入ってくるので、後進が育つ環境があると思います。そういう中で伝えられることは教え、≪その結果≫上を目指す若者が増えてくれると嬉しいと思います。

 

【貝通丸】
 若い世代を見ていると仲良くやっていこうという雰囲気があってよいのですが、部門長としては物足りなく感じますので、もう少し競争意識を持ってほしいです。やるからには上を目指していってほしいと考えています。抱負としては、若いCRAに出来るだけ早く成功体験を味あわせてあげたいです。メーカーであれば新薬の承認を取得するというのが最大の成功ですが、私たちにとってはプロジェクトを1本終了したとか、症例を満了したということも成功体験ですね。若いCRAには成功体験を経て仕事を好きになってほしいですし、得られた自信を成長に繋げてほしいですね。

 

【坂上】
 受託業務にもトレンドがあったり、クライアントのニーズによって仕事が変化したりするので、柔軟性などは私たちのポジションでも求められます。それはもちろんCRAにも求められます。また受託産業ならではとして、どんな仕事が来るかは分からないので、どんな仕事でもこなすことができる柔軟性とプロ志向の強い人と一緒に働いて、会社を大きくしたいですね。

 

【吉田】
 一番言いたいことは、開発の仕事がやりたい人、入社したらずっと定年まで働き通すぐらいの気概を持っている人に来てもらいです。私たちはプロフェッショナル集団ですよね。平均寿命が延び、今20歳の方の平均寿命は100歳だとも言われています。日本の人口構成がさらに少子高齢に進んだ場合、今の若者は80歳でも働かなければならないという時代がいずれ来ることを考えると、男性も女性も医薬品開発のスペシャリストとして、仕事とどう向き合って長く働いていくのかというプランやビジョンは重要ですね。